初めての注文住宅を工務店に依頼しても大丈夫?そんな方に工務店のあれこれを教えます!

このサイトでは初めて注文住宅を建てる方に向けて、依頼先の一つに選ばれている工務店のあれこれを解説しています。
普段関わりがなかったり、どのような会社であるのか分からないと、依頼の際に不安に思う方もいるかもしれません。
選ぶ際のポイントを押さえたり、知識をある程度持っていることで不安解消につながることも。
家を建てる際に知ってて良かったと思えるような、意味のある情報を初心者の方にも分かりやすくお届けします。

初めての注文住宅を工務店に依頼しても大丈夫?そんな方に工務店のあれこれを教えます!

工務店の知っておきたいあれこれ情報として、まずはどういう会社なのか知っておくことが大切です。
工務店は主に地元を中心に営業活動を行っている中小企業で、設計の自由度が高かく融通が利きやすいといった特徴があります。
家づくりにこだわりがある方などに選ばれています。
地元密着型であることから相談しやすく、すぐに駆けつけてもらえるといったメリットも。
工務店によって品質や技術にバラつきがあるとも言われているため、依頼の際は見極めることがポイントです。

注文住宅を依頼するならどれ?一口に工務店といっても種類は色々!それぞれの特徴を紹介!

工務店は、全ての店舗で建設作業に携わっているというわけではありませんし建設を行っているわけでもないです。
工務店の中には、他の店舗と差別化を図るために様々な業務形態で顧客に対してサービスを提供しているという現状が存在します。
例えば、リフォームを提供しているところもありますし大手のハウスメーカーから受注を受けてサービスを利用できるものもあります。
仮に、新築一戸建ての注文住宅の相談を行いたい時には、リフォームを専門としている工務店に相談をしたとしても意味がありません。
それぞれの店舗では得意としている分野がかなり異なりますので、そういった特徴を理解して最善の選択を行う必要があります。
実際に、在籍している職人の数や設計士の有能さに関しては全く違います。
特に、注文住宅の場合は設計士と話し合いをしながら理想的なイメージを形にしていく必要がありますので、より良い提案をしてもらう必要があります。
実績や実際に相談をした時の対応などを考慮しながら最善の工務店を選択することが好ましいです。

注文住宅を工務店に依頼するメリットとは何か?ハウスメーカーと比べてみよう!

注文住宅を建てる際にハウスメーカーではなく工務店を選ぶ最大のメリットは、自由度の高い家づくりが可能な点にあります。
ハウスメーカーでは住宅をブランドとして販売していることが多く、間取りや設備などに制約が伴います。
それに対し、工務店ではあれこれと注文を付けても対応してもらえるのが一般的ですから、家づくりの細部にこだわりがあり、オンリーワンの注文住宅を建てることを希望するならこちらがお勧めです。
建材も比較的自由に選べるので、家庭の事情やお財布の事情に合わせた選択も可能になります。
さらに、余計なコストが発生しにくい点も工務店を活用する大きなメリットです。
ハウスメーカーを活用すると、広告宣伝費や中間マージンなどが加算されます。
中間マージンとは下請け会社や専門会社などに現場での工事を外注する際に発生する紹介費や手数料のことで、これが意外に大きな金額に膨らむケースがあります。
工務店ではこのようなコストが生じにくいので、ハウスメーカーに比べて原価に近い注文住宅を建てられます。

工務店にもデメリットはある!注文住宅を依頼する際の注意点とは?

工務店はコストパフォーマンスが高い注文住宅を作れる反面、会社や担当者によって品質やプランニング、アフターフォローなどの対応に差が発生するデメリットがあります。
ですから、優良な工務店や担当者を探し出す力が求められます。
注意点としては1箇所だけで決定するのではなく、複数な会社を訪問し、それぞれ担当者に対面したうえで比較して選ぶことが求められます。
施工力もバラバラなので、これまでどんな注文住宅を建築してきたのかと確認することも大切になるでしょう。
それに加え、工務店はハウスメーカーに比べて規模が小さく、資金繰りも容易ではないことが多いデメリットがあります。
つまり倒産リスクが存在する以上、事前に経営状況を確認することが不可欠です。
確認方法としては、都道府県の窓口を訪問し、建設業許可を閲覧させてもらうのが基本になり、これによって、その会社の決算書類を見ることができます。
事前に工務店の公式サイトなどで建設業許可番号を取得しておく必要があります。
自治体の中にはインターネットで建設業許可を閲覧できるサービスを提供しているところもあり、これを活用すればたいへん便利です。

フルオーダーの注文住宅なら工務店に依頼するのがベター!その理由とは?

注文住宅はこだわりのある家を建てることができることから、大変人気があります。
ですがこだわっている分費用もかさんでしまうことが多く、十分に予算取りを行わないとオーバーしてしまうことが多いです。
注文住宅はハウスメーカーのほかに工務店や設計事務所などに依頼することができます。
どちらも満足のいくものを建てることができますが、より満足度を得るには工務店の方が良いでしょう。
これは工務店の方がその土地のことをよく知り尽くしており、気候に適した注文住宅にすることができるからです。
またフルオーダーの場合実際に住むまでに時間がかかりますが、その間も連絡を密に取ることができ、住んでからも不具合が生じた際はすぐに対応をしてもらうことができます。
フルオーダーは工務店との話し合いが長くなるのが一般的であり、理想的な住まいにするにはどうしたらよいかという情報も大変多く持っています。
身近なところで依頼すると建てた後も相談に応じてもらえるため安心することができます。

学生寮では寮母さんが親御さんに代わって面倒を見てくれる

大学進学で家を離れることになる人が多くいると思われます。それまで母親などが面倒を見てくれていたので、不安なことが多々あるはずです。食事を作るのが大変ですし、体調を崩してしまった場合も一人暮らしだとサポートしてくれる人がいません。そこで、アパートやマンションではなく、学生寮を利用することをおすすめします。家賃が安く抑えられるイメージがありますが、寮母さんが親身になってサポートしてくれることも学生寮の特徴です。何か困ったことがあれば助けてくれますし、食事付きタイプであれば美味しい料理を毎日作ってもらえて助かります。食事付きタイプは少し高くなりますが、その分栄養バランスもしっかり考えられている食事が提供されるので検討してみるべきです。料理が苦手な人だと最初は頑張って作るかもしれませんが、次第に外食やスーパーなどのお弁当に変わっていきます。偏った栄養で健康に問題が生じる可能性があるため、食事付きの学生寮の方が安心です。

学生寮は一人暮らしよりも安全性が高い

大学進学のタイミングで家から出ることになる人が少なくないと思われます。遠方の大学だと実家から通うことはできないので、家を出る選択をするのは当然です。アパートやマンションに住む人が多いのですが、学生寮も検討してみる価値があります。学生寮のメリットの一つ目は、家賃を安く抑えられることです。アパートやマンションと比較してかなり安く抑えられるので、親に負担をかけたくないと考えている方に適しています。 2つ目は一人暮らしよりも安全性が高い点です。一人暮らしで事件に巻き込まれてしまうケースが少なくないので、安心して生活できることも魅力になります。特に女性の一人暮らしはターゲットにされやすいので注意しないといけません。自分の好きなように生活できる一方で、安全性に関しては懸念が少なからずあります。最近は学生寮でもオートロックに対応しているところが増えており、日本で生活していてもセキュリティ対策は蔑ろにできないです。

学生寮はチームワークを高める効果がある

学生寮は同じ学校の学生が、相部屋などで共同生活を行う場所です。様々な決まり事があります。そのため賃貸を選ぶ学生さんが多いのも事実です。プライバシーを守りたいというのが理由です。 しかし学生寮で過ごす事により協調性が身に付きます。同じ部屋になった学生と、生活の決まりを設定する事から始まります。 誰しもが、居心地のいい毎日を過ごしたいのは同じです。最初の段階でどれだけ信頼関係を築く事が出来るかが、チームワークの能力を高める1歩です。食堂がある学生寮では、関係を築き上げる最高の場所です。人の脳は美味しいものを食べている時、気持ちが優しくなる傾向があります。学生でも社会に出ても、食事の場はコミュニケーションを取りやすい場所です。その場の空間をキャッチする能力、譲り合う気持ちが自然と身に付きます。入寮したては戸惑うことも多くあります。それらが身に付くと自分が今するべき事を理解し、自然とチームワーク力が身に付きます。

学生寮では冷蔵庫や洗濯機は共有になることが多い

小学校までは一般的には自宅から通うようなことが多いですが、中学校ぐらいからは実家から離れて学生寮で生活するようなことも珍しくないです。どのような学校に通うのかによっても違いはありますが、一般的には学校側で学生寮を用意することで、そこに学生が入ることになると考えられます。実際に入る場所で大きな違いはありますが、冷蔵庫や洗濯機などの家電は共有になっているようなことも珍しくないので、親子でそのような点も最初にチェックしておかないといけないです。 実際に生活を開始してから想定外のことが起きても簡単に転校することはできませんから、最初に学校側と話し合いをする中で聞いておかないといけません。冷蔵庫や洗濯機が共有になることで、潔癖症などを抱えている子供はストレスを抱えるようなこともありますから、そのような場合は違う学校を選んだほうが安心です。中学校や高校でも3年間は行かないといけませんから、その程度の期間は生活ができる学生寮が用意されているところを選ぶのが大切になります。

学生寮の食事は朝と夕の2回提供される

学生寮では朝と夕の2回にわたり食事が提供されるケースが大半で、昼食は各自で取ることになります。一度学校に行き、昼食時に再び学生寮まで行って午後の授業までに戻るのは困難で、時間の都合からも昼食は外で取ることがほとんどです。学生寮では寮母さんが腕によりをかけたおいしいお弁当を作って持たせてもらえるケースがあるほか、校内に学食が完備されている場合は割安でお腹いっぱい食べられる場合もあります。また、仕送りやアルバイトなどで得たお金で学校の売店でパンや牛乳などを購入したり、近隣のコンビニでお弁当やおにぎりを購入したり、飲食店で食事をする場合もあります。栄養をしっかりと摂取すれば成長期の健全な発達に役立つのと同時に、学生の本業である学業や部活に勤しみ、健康的な暮らしを送ることができます。栄養の摂取は全てのベースとなっていると言っても過言ではなく、学生寮で暮らしながら楽しい学生生活を過ごすためにも重要な要素です。

に関する情報サイト
工務店のあれこれを解説

このサイトでは初めて注文住宅を建てる方に向けて、依頼先の一つに選ばれている工務店のあれこれを解説しています。普段関わりがなかったり、どのような会社であるのか分からないと、依頼の際に不安に思う方もいるかもしれません。選ぶ際のポイントを押さえたり、知識をある程度持っていることで不安解消につながることも。家を建てる際に知ってて良かったと思えるような、意味のある情報を初心者の方にも分かりやすくお届けします。

Search